ファクタリングについて詳しく知っておきましょう

ファクタリングに使えない売掛金

ファクタリングに使えない売掛金 売掛金ならどのような種類のものでもファクタリング業者に買取してもらえるわけではありません。
最終的な判断は会社が決めることなので、その会社ごとに変わってきます。
ファクタリングに使えないものの代表例は個人との取引です。
ファクタリングの対象は「商業登記されている法人との取引」です。
法人との取引でも、設立3カ月程度の会社は信用がありません。
審査があるので、ある程度の設立年数は必要です。
設立年数が長くても経営状況が悪化しており倒産する疑いがある会社も審査落ちする可能性が高くなります。
口約束のみでの契約は証拠がないのでもちろんだめですが、請求書だけというように証拠が薄い場合にも断れる可能性が高いです。
契約書や注文書、納品書などが必要になります。
譲渡禁止特約がついている場合、「勝手に譲渡をしないでください」という約束が契約内容に含まれているので、同意を得てからでないと利用ができません。
このようになっていますが、逆に言えば通常の売掛金なら大丈夫ということですね。

ファクタリングを利用し売掛金の早期現金化を

ファクタリングを利用し売掛金の早期現金化を ファクタリングを活用して売掛金の早期現金化を進める会社が増えています。
中小企業のように資金繰りに問題が生じがちな事業者の場合には、ファクタリング業者を使用することはキャッシュフローの改善には有用な手段になっていくものです。
売掛債権の割引というと多くの経営者の方は良い印象を抱かないものでもありますが、金融機関の借り入れ金のように負債を抱える資金繰りではありませんので財務状態を健全に保つことが可能になります。
ファクタリング業者を活用すれば長期的な支払いサイトの売掛金を早期に現金に変換することが可能になります。
景気後退の影響により取引先からの入金が遅延になっている現状では資金面で余裕の無い中小企業では運転資金に困ってもいくものです。
ファクタリングであれば必要なタイミングでスピーディに運転資金を入手出来るようになります。
最短で10日のような早期の資金繰りも可能になっていますので運転資金の枯渇に悩むことも無くなります。
売掛債権の早期現金化で財務状態が健全化していきます。