ファクタリングは何度もできる?

ファクタリングは何度もできる?

ファクタリングは何度もできる? ファクタリングを利用していると、サービス利用に回数の制限はないのかという疑問が生じるものです。しかし、ファクタリング自体にそうした制限はなく、何度利用しても差支えはありません。融資を行う会社にもよりますが、2回目以降の利用で手数料が割り引かれるケースが多いことがそれを物語っています。
既に、欧米ではファクタリングは売掛金の権利行使を外部にアウトソーシングするものという認識があり、継続的に利用している企業がたくさん見られます。そして、今後日本でもそのような動きになる可能性は決して低くないと思われます。なぜなら、わずか10~20%の手数料で売掛金を回収できないというリスクから解放されるのであれば、利用する価値は大いにあるからです。特に、売掛金が発生しやすい商行為を行う頻度が多い会社や、いつも売掛金の貸し倒れのリスクにさらされながら商売を行っているという会社経営者の方は、継続したサービス利用を検討してみる価値があるでしょう。

ファクタリングのサービス利用で悪循環に入るとは?

ファクタリングのサービス利用で悪循環に入るとは? ファクタリングのサービス利用で悪循環に入るとよく言われていますね。この記事ではそのことを例をあげながら解説していきます。ファクタリングの手数料相場は5%~25%程度と言われています。民間企業が提供しているサービスなので、会社によって料金が異なるという点には注意です。仮に手数料が10%として考えてみましょう。
ファクタリングでは、将来に回収できるはずの売掛金を専門業者に買取してもらって即現金化します。つまり、数か月後の将来に手に入る予定のお金を、早めに手に入れてしまうということです。2カ月~6か月程度のケースが多いでしょう。ということは、そのお金は数か月後には手に入らないということです。それでは売掛金という収入を先に入手してしまったら、本来売掛金を回収できるはずだった月の収入が減ってしまいますよね。そうなるとその月もまたファクタリングを利用しなければならなくなる可能性が高いです。しかも、10%の手数料は引かれ続けるので悪循環に陥っていくのです。