ファクタリング利用の注意点

ファクタリング利用の注意点

ファクタリング利用の注意点 ファクタリングを利用するときの注意点として、取り扱っている会社の信用性があります。悪徳なところもあり、後から手数料を追加することあるため、安全性を確認する必要があります。ファクタリングは借入ではないため金利ではなく手数料になりますが、1回ごとに発生するので繰り返していると非常に高い負担になることも注意点です。現時点では法律で上限の定めはなく、一見すると低く見えても金利に換算すると高くなります。一回だけファクタリングを利用する状況であれば大きな影響はありませんが、慢性的な資金難になっているときには適した方法ではありません。

また、手数料が低くなる方法に三社間のファクタリングがありますが、これば売却する売掛債権の売掛先も交えて行うものです。売掛先が拒否することは少ないですが、経営難に陥っていると判断された場合には今後の業務の受注が困難になるなどの影響が出る危険性があるため、理解を得られそうにないときは避けた方が良いです。

ファクタリングは違法ではないが注意も必要

ファクタリングは違法ではないが注意も必要 ファクタリングを利用するときに違法性がないのか気になりますが、売掛債権を売却しているだけなので問題はありません。ただし、注意が必要になるのが手数料の高さであり、大手ファクタリング会社では将来を見越して二社間ではなく三社間のファクタリングだけを取り扱っている場合が多いです。支払いまでの期限は短いものが一般的で、例えば10%で2か月後に払うのであれば金利に換算すると60%になるので、利息制限法の上限を大幅に超過しています。

現時点では対象になっていないので認められていますが、将来的に貸金業と同じように規制された場合には現在適用している手数料が違法になり、営業を停止させられるなどの危険性が懸念されている状況です。そのため、大手ファクタリング会社では売掛債権が回収できなくなるリスクが抑えられるので、手数料も低くできる三社間だけを行っています。実際に規制されると二社間を利用していた側も、取り扱いがなくなるなどの何らかの不利益が出る可能性があります。